fc2ブログ
18
03.Fri
 原発事故にどう向き合う? [裏たいち]
<福島原発>東電全面退去打診 首相が拒否…水素爆発2日後


東京電力福島第1原発の高濃度放射能漏れ・爆発事故で、東電側が14日夜、同原発の職員全員を退去させる方針を政府に打診していたことが分かった。
現地での作業継続は困難と判断したとみられ、自衛隊と米軍にその後の対応を委ねる構えだったという。
菅直人首相は打診を拒否し、東電側も一部職員を残すことになったが、東電はその時点で高濃度の放射線被ばくが避けられない原子力災害に発展する可能性を認識していたことになる。

複数の政府関係者によると、東電側が14日夜、「全員退去したい」との意向を枝野幸男官房長官と海江田万里経済産業相にそれぞれ電話で申し入れた。
両氏は認めず、首相に報告した。
首相は15日午前4時過ぎ、清水正孝・東電社長を官邸に呼び、「撤退はあり得ない。合同で対策本部をつくる」と通告。
その後、東京・内幸町の東電本店を訪れ、「東電がつぶれるということではなく、日本がどうなるかという問題だ」と迫ったという。

政府当局者は14日夜の東電側の打診について「全員を撤退させたいということだった」と明言した。

一方、東電側も首相への不満がくすぶる。
東電によると、同原発では協力会社と合わせ計4000~5000人が働いているが、現在、現地に残っているのは約300人。発電所の制御や復旧などの作業にあたっている。

東電関係者によると、15日早朝に首相が東電本店を訪れた際、事故対応に追われる社員が会議室に集まったが、首相は「こんなに大勢が同じ場所にいて危機管理ができるのか」と非難した。
東電関係者は「『撤退は許さない』というのは『被ばくして死ぬまでやれ』と言っているようなもの」と漏らした。

東電幹部の話
(必要最低限の作業員を残し、あとは退去する)部分的な撤退を検討したのは事実だが、全員撤退を検討した事実は絶対にない。

【毎日新聞】




まぁ、記事の内容はどれでも良くて、たまたまこれを張り付けただけです。

で、

一連の原発事故。
発表や対応を見ていて確かにやきもきするけど、全部ひっくるめた彼らは「最少の被曝で、最少の被害」にしようとしているのだからそうなっているだけなんだと思う。

素人考えだけど、俺は

『たぶん犠牲を払えばなんとかなる部分は沢山あるんだろうなぁ』

と思いながら、

『もぉその域に達してる出来事なんだな』

と思いながら、手に汗を握り見ている。

犠牲。

防護服では防ぎきれない高濃度の放射線が飛び交う中での作業。
水素爆発が起こって怪我をしても直ぐに代わりの人間を入れる。
多少の放射能は見逃す。

そんな事をすればね。

そして、全部ひっくるめた彼らが
「国民に是非を問う。数名の命か、多くの命か」
そんな風に聞けたらどんなに楽か、それが出来ないから困ってるんだろうなって思いながら。

つーか、
そう聞かれたらなんて答える?

そもそも原発自体がそのレベル。
県や国など行政うんぬんの思惑はあるとしても、ある地域の人々に危険な役回りをしてもらって原発は成立している。
もちろん保証的な物はあってもね、原発は基本的におっかない物だから。
(原発嫌い)

そして俺たちは不本意であってもその恩恵に与っている。
実際原発から電力を供給されていなくても、今回の停電策を見れば、結局は日本中が恩恵を受けていたってこと。




色んなところで政府に対しても東電に対しても批判的な記事・日記などを目にする。

「政府は人を人と思ってない」
「東電がやるのは当たり前だ」

批判だけ。
ほとんどの素人が、代案が出せもしないズブの素人が批判する。

その一方で

【電力会社社員、志願し福島へ】
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1536550&media_id=4
【mixi】

なんてニュースで

「頑張って行ってきてください!!」
「無事に帰ってきてください!!」

って言う。
嬉々として送り出す。
まるでもう一度見れば復活する小説や映画に出てくるヒーローの様に。

記事内で家族は「特別な事にしたくないから普段通りに送り出した」とある。
これはつまり、特別な想いで送り出したんだよね?

「相当ヤバい所へ行く」

もともと原発で働く覚悟を決めてる本人を含めた家族が、その覚悟をしたんだと思う。
そんな時きっとこんな送り出し方になるんだろう。




いま福島の原発に関わる人にはマジで何も出来ない。

『頑張って』
より
『ごめんなさい』

って気持ちのが強い。
批判は元より、応援するにもどんな気持ちで応援しら良いのか分からない。
静かに見守りながら祈ることしか出来ない。

ただ、何かあった時、その覚悟はしておかなくちゃって思う。

幼い時、チェルノブイリの事故が凄く怖かった。
広島・長崎の原爆が凄く怖かった。

そこまでの被害じゃなくても、雨に怯え、食品に気を遣い、住めなくなった人や事故に携わった人の保証を担う。
そんな風になっても日々を過ごす覚悟。




世界中で原発の見直しをしている。
人にとって原発はまだバベルの塔だったかもしれないけど、少なくとも恩恵を受けていた俺らは、誰にも文句は言えないって、そんな気がする。





キュイン♪
  ↓
人気ブログランキング
15
03.Tue
 キリもないが。 [裏たいち]
日本人の魅力は
【言わずとも察することが出来る】
事だと思う。

ただ、それが長所にも短所に成りうる。




クチ喧嘩は地震災害の話から始まり、色んな方向へ。




クチ喧嘩その
【千羽鶴は役に立つか】

『被災者が千羽鶴をもらった所でライフラインが復旧する訳でも腹が一杯になる訳じゃないでしょ?』

「それは分かるけど、じゃあ歌を歌ったり励ましの言葉を贈ったりするのは何故?千羽鶴と同じでしょ?」




どちらが正しく、どちらが間違っている訳ではない。

いま不足している物は生きるのに必要な物。
食料などは言わずもがなだが、人間は感情の生き物で、頑張れるチカラは精神力。

つまり、どちらが不足しても生きて行けないのだ。

千羽鶴(的なもの)も物資も必要な物が必要な所へ届かないと意味が無い。
タイミング、察するチカラが必要だと感じる。




クチ喧嘩その
【ガソリン等の買い込み】

「ガソリンが足りないんだって。食品だってどこも売り切れ続出みたい」

『みんなが一斉に買うから売り切れるんだよ』

「でも田舎は車社会だから車が動かなかったら困るんだよ?」

『そうだけど‥いまどのくらい入ってるのか、その量で何日持つか計算してみた?もし1週間持つなら今慌てて入れなくても‥食品だって‥』

「1週間後にもし入って来なかったらどうするの?」

『そりゃ‥困るけど』




備えあれば憂い無し。
それは正しい。
地震や津波の速報機器はその最たる物だし、リーマンショックを凌いでいるのも(少し語弊があるけど)、蓄えがあったからこそだ。

ただ、ここ数日の買い込み現象。
みんなが買ってるから自分の分が無くなると思い買うって事になると、それは日本人の悪い癖だと思う。
特に今回は「まず買う」「とりあえず買う」のではなく、現状を出来るだけ見極めなければならないと思う。

ガソリンのメーターが残り1メーターで、これでは3日ももたないから入れる。
それはそれで良い。

でも、今ガソリンを満タンにする人は、一体いつまでガソリンが供給されないと踏んで満タンにしているのだろうか。
その予測は人それぞれだから「1ヶ月」と考えたのであれば「1ヶ月分」入れても良いが、でもどうもそんな感じがしない。

今回みたいな時は優先順位があると思う。

例えば仕事で使う車。
物流など止めると実経済に強く影響する。
ここは凄く大事で、真っ先に供給されなければならない。
経済が傾けば復興どころの騒ぎじゃなくなるのだから。

物流以外にも、交通機関や仕事で使っている車には絶対に必要。
その人や利用者には生活がある。

病院に通院しててどうしても車で無ければならない。
この人に歩いていけとは言えない。

バスも電車も無く、車じゃなければ買い物が出来ない。
この人に歩いていけとは言えない。

他にも色んなパターンがあるだろう。
だけど、車じゃなくても良いって事は、結構沢山あるんじゃないか?とも思う。

俺は普段車を使ってないからそう思うんだと思われるかもしれないけど、俺は、歩いたって5分10分のコンビニへ車で出掛ける人が多いのを知っている。
雨の日も雪の日も、俺が普段歩いたり自転車に乗って移動する距離を、車で移動する人を知っている。

出来ない事だったり、やった事もない事を言っていない。

節電が出来るなら、困るであろう人の為にする節ガソリンだって、いま出来る事なんじゃないかなと思う。




クチ喧嘩はつづくが、でもその度に、お互い
「間違っては居ないけど‥」
と言う言葉が出てくる。

それは間違いじゃないと思うし、何がどうこうってのは個人の考えに基づくのだから。

ただ、
必要なのは、行動に思考を乗せそれを回転させること。
どちらか一方に偏っては乗り切れないほど状況は目まぐるしく、想像以上に切迫しているのだから。




キュイン♪
  ↓
人気ブログランキング
13
03.Sun
 地震と生々しい声と支援。 [裏たいち]
地震当日。
松本で揺れを感じ、その震源地が東北だと言うことが分かるのに時間は要らなかった。

宮城沖地震の時は震度のわりに大丈夫だった事もあり、迷惑かとも思ったがその感覚で電話をするとコールはせども相手は出ない。
ならばと思い、先方と同じ東京の取り引き先から安否確認をしようとするが、こっちは電話回線がパンク状態で繋がらない。
ならばならばと思い、横浜に居る当時の先輩のケータイにかけようとすると、ケータイ回線もパンク。

『なんだコレ‥』

地震で酔ったのは初めてだったし、ゆったりと大きな揺れに嫌な予感はしたが、情報を集めるとその凄さに背筋が凍る。

日本全体が揺れ、切迫した津波警報。

そしてまた揺れる。

様々な手段を試みるが東京方面は諦め、再度仙台へかけたら繋がった。

『大丈夫ですか!?』

そこから3分ほど話をした。

努めて「大丈夫だよ」と伝えようとしゃべっては居たが、声は全然大丈夫じゃなかった。
割れたガラスの片つけ中だと言って聞こえてくる生々しいガラスの音。
余震が凄く建物からの崩落が怖くて外にも出れないらしい。

かける言葉が見つからないとは正にこのことだった。

唯一絞り出した言葉は
『無事で良かった』
それだけ。

『何か必要なものなんかがあれば‥』
その言葉は呑み込んだ。

あまりに落胆した声。
必要なものは目の前で無惨な姿になり、それに代わるものなど無いと、気休めにもならないだろうと感じたからだ。




改めて考えた。
あの想像を絶する惨状に対し、つーか、お世話になった人や仙台の街に、何をしたら力になれるかを。

出した答えは
『今は気持ちと、後に必要なお金』
これが一番だと思った。

ぶっちゃけライフラインや交通機関、通信手段が途絶えてる所へ向け、個人が送れる物資や情報の持つ力は無力に等しい気がする。

今そこは気持ちで良い。

自分に置き換えて考えてみれば、きっといま欲しいのはライフラインを復旧出来るプロの人間と、安心してクチに出来る食料を送り届けること。
でもこれは素人には無理。

だったら、これから何年かかるか分からない復興に必要なモノ。
復興を可能にするのはお金しかない。
最も必要な人手もお金が必要だ。

国には税金を投入してもらい、個人は義援金を間違いのない信用できるルートで送る。

※国際社会がやる他国への義援金やプロの派遣は、リアルに助かることをやってるんだと気付く。




てか、
メディアは24時間テレビの本質的なもんをすぐにやんないのかな?
いま正にココ、だと思うんだけど。




キュイン♪
  ↓
人気ブログランキング
07
03.Mon
 1000000!! [裏たいち]
昨年の5月にふと思い立ちコツコツ始めたものの、あまり場が立たない現状に半ば諦めかけてたんですが、先日、とうとう目標としていた

【純プラス1000000点】

に到達しました

※少なくとも毎回平均12000点くらい(TOP回数が多いとまだ増えます)を放出しているので、実際のプラスは更に12000点×日数分が1000000点に上乗せされます。

ありがとうございます
ありがとうございます
ありがとう~ございます

これも一重に雀のみなさまのお陰でございます。
プププ




で、




ちょうど誕生日だったし

『自分へのプレゼントで好きなモン買っちゃおうかな~

なんて思いましたが、そこは強い意思で曲げず、公約通り【念願の赤いソファー】をね、買っちゃおうかなと

思ったんですが‥

『カーテンのが実用的かな?(・_・』
マガッテルジャンΣ

なんて悩んでます。
(俺の部屋に来たことのある人なら分かるよね)

ん~
しばらく楽しく悩まさせていただきます

つー報告でした




おしまい。




キュイン♪
  ↓
人気ブログランキング
05
03.Sat
 1枚‥2枚‥あぁ!!お前ら全員出てけぇ!! [おバカな人々]
【スポーツ報知】より抜粋

         ン?
        




【サンパウロ・4日】
アルゼンチンの5部リーグの試合で、1試合に両軍全選手36人にレッドカードが出る世界珍記録が飛び出したことが4日、分かった。
アルゼンチンの日刊紙「ラナシオン」などが報じた。

この試合は先月26日に行われたクライポーレ対ビクトリアーノ・アリナス戦で、2―0でホームのクライポーレが勝利。
試合終了後に両軍全選手の乱闘が起き、激怒したダミアン・ルビノ主審が、控え選手も含めた1チームのメンバー18人、合計36人にレッドカードを連発。アリナスの用具係も同じ処分となり37人が退場処分となった。
クライポーレのセルジオ・ミッチェリ監督は、「ほとんどの選手は仲裁しようとしていただけ。(レッドカードは)主審が混乱した結果だ」と話した。

同国内では過去、2009年の4部リーグの試合(ボリバル対ラマリッド戦)で、サポーターに激怒し試合を放棄しようとした18人にレッドカードが出されたのが最多。
ラナシオン紙は、今回の36枚が世界サッカー史上で最多と報じている。




つーか、
審判どんだけパニクればこうなるんだ
なんて思っていたら‥


   ムッキィー!!
 ■ヽ(`Д´)/

        オォウ!?
       Σ


その試合の動画が別んとこに載ってました。

簡単に言えば、一撃でレッド36枚飛び出した訳ではなく、試合中いざこざが何度かあって、審判はイエロー出したりレッド出したりしてました。
そんな中試合は進み、2-0になった時に選手の積もりに積もったフラストレーションが爆発。
ピッチ上でチーム全員を巻き込む大乱闘へ。
しかも、追っかけっこしてる内にほとんどの人間がピッチから場外へ出ていってしまう始末。

枚数だけ見れば審判にやりすぎ感はあるけど、あれは収拾つかないわな
お疲れちゃん。

でもさ、レッドは次の試合出れないでしょ?
各チーム18人もレッドもらってたら次の試合11人揃わないじゃん‥。

どうなんのかな?
相手チームの不戦勝?

ん~
その結果が早く知りたいよね。




おしまい


 ■■■■■■■■■■
 

 ■■■■■■■■■■
 

 ■■■■■■■■■■
 

 ■■■■■■ コワッ
  







キュイン♪
  ↓
人気ブログランキング

裏たいちの脳
mixiにも設置完了。ケータイ向け日記・裏たいちの脳の「分家」です。「本家」は特にケータイで見たほうが良いです。

CALENDAR

S M T W T F S
«  03  »

   2011
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

urataichi

Author:urataichi
裏たいちが4歳の時に書いた絵です。
カエルに見えますが、きっとカエルではないです。

スペシャルリンク

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード